wpmaster

金利

金利の変動要因

金利の変動要因 金利が変動する要因として、次のものが挙げられます。 景気 物価 為替 海外金利 通貨量 景気と金利の関係 景気が上昇(回復)すると、金利は上昇します。 反対に、景気が下降(悪化)すると、金利は下落します。 物価と金利の関係 物価が上昇すると、金利は上昇します。 反対に、物価が下落すると、金利は下落します。 為替と金利の関係 為替が円高になると、金利は下落します。 反対に、為替が円安になると、金利は上昇します。 海外金利と国内金利の関係 海外の金利が上昇すると、日本国内の金利は上昇します。 反対に、海外の金利が下落すると、日本国内の金利は下落します。 通貨量と金利の関係 通貨量とは、市場に流通している通貨(お金)の量のことです。 通貨量が増加すると、金利は下落します。市場に出回っているお金が多いと、高い金利を払ってまでお金を借りようとする人が減るからです。 反対に、通貨量が減少すると、金利は上昇します。市場に出回っているお金が多いと、高い金利...
株主優待

書店業界の株主優待まとめ

文教堂グループホールディングス(9978) 文教堂グループホールディングス(9978)の株主優待は、「文教堂書店」や「キャップ書店」で割引を受けられる優待カードです。 優待カードの割引率は、次の通りです。 100株以上…5%割引 1,000株以上…7%割引 ( ゴールド・カード ) 10,000株以上…10%割引 ( プラチナ・カード ) 参考ページ 株主優待について - 文教堂
年金・社会保険

遺族基礎年金

遺族基礎年金の受給要件 遺族基礎年金は、被保険者または被保険者であった者が次のいずれかに該当する場合に、その者の配偶者または子に支給されます。 国民年金の被保険者が、死亡したとき。 国民年金の被保険者であつた者であつて、日本国内に住所を有し、かつ、60歳以上65歳未満であるものが、死亡したとき。 老齢基礎年金の受給権者(保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が25年以上である者に限る。)が、死亡したとき。 保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が25年以上である者が、死亡したとき。 ただし、上記1または2に該当する場合においては、死亡した者につき、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までに被保険者期間があり、かつ、当該被保険者期間に係る保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が当該被保険者期間の3分の2に満たないときは、遺族基礎年金は支給されません。 遺族の範囲 遺族基礎年金を受けることができる配偶者または子は、「被保険者または被保険者であった者」の配偶者または子であって、「被保険者または被保険者であった者」...
年金・社会保険

退職者向けの公的医療制度

健康保険の任意継続被保険者制度 任意継続被保険者制度とは 任意継続被保険者 第三十七条 第三条第四項の申出は、被保険者の資格を喪失した日から二十日以内にしなければならない。ただし、保険者は、正当な理由があると認めるときは、この期間を経過した後の申出であっても、受理することができる。 2 第三条第四項の申出をした者が、初めて納付すべき保険料をその納付期日までに納付しなかったときは、同項の規定にかかわらず、その者は、任意継続被保険者とならなかったものとみなす。ただし、その納付の遅延について正当な理由があると保険者が認めたときは、この限りでない。 任意継続被保険者の資格喪失 任意継続被保険者は、次のいずれかの事由に該当するに至ったときは、任意継続被保険者としての資格を喪失します(健康保険法38条)。​ 資格を喪失する事由 資格を喪失する日 任意継続被保険者となった日から起算して2年を経過したとき 任意継続被保険者となった日から起算して2年を経過した日の翌日 (被保険者証に表示されている予定年月日) 死亡したとき 死亡した日の翌日 ...
年金・社会保険

雇用保険

失業等給付等とは 失業等給付及び育児休業給付を合わせて「失業等給付等」といいます(雇用保険法69条1項)。 なお、育児休業給付は雇用継続給付の1つでしたが、令和2年(2020年)4月1日施行の改正雇用保険法により、失業等給付とは別の給付として扱われることになりました。「失業等給付等」という言葉は、令和2年(2020年)4月1日施行の改正雇用保険法で生まれたものです。 失業等給付とは 「失業等給付」は、求職者給付、就職促進給付、教育訓練給付及び雇用継続給付の4つです(雇用保険法10条1項)。 なお、育児休業給付は雇用継続給付の1つでしたが、令和2年(2020年)4月1日施行の改正雇用保険法により、失業等給付とは別の給付として扱われることになりました。 就職促進給付とは 就職促進給付は、就業促進手当、移転費及び求職活動支援費の3つです(雇用保険法10条4項)。 参考ページ 愛知労働局 - 「雇用保険のしおり」(令和2年9月)
株主優待

BLOGOS「ブックオフの『株主優待券』が無くならない理由」が間違っている理由

「ブックオフの『株主優待券』が無くならない理由」→??? BLOGOSで、内容がいい加減な記事を見かけました。 ブックオフの「株主優待券」が無くならない理由という記事です。 記事の内容を要約すると、ブックオフの株主である筆者が、ブックオフの株主優待が廃止されない理由について熱く語っています。 ここからは、当ブログ管理人が疑問に思った点を中心に、記事の内容を批判を兼ねて紹介していきます。 経営状況があまり芳しくない企業が優待券を出し続けるのは会社にとって負担になるのでは?と思う人がいるかもしれないが、優待券は額面通りの現金を配っているわけではないので、多分、どれだけ経営が悪化したとしても無くなることはないと思う。そういう意味では、株主にとっては絶対的に保証された配当金とも言える。 (BLOGOS「ブックオフの「株主優待券」が無くならない理由」より引用) そんなわけないだろー。 と一言で言ってしまうのは雑すぎるので、ここから丁寧に反論していきます。 経営状況があまり芳しくない企業が優待券を出し続けるのは会社にとって負担になるので...
株主優待

各社の株主優待の情報まとめ

各社の株主優待の情報をまとめました。 当サイトが独自に収集した情報なので、情報の最新性・正確性につきましては保証いたしません。ご了承ください。 ソニーグループ(6758)の株主優待 ソニーグループ(6758)(2021年3月31日まで「ソニー」)には、株主優待制度があります。 Q4: 株主優待制度はありますか。 A4: 毎年、3月末日の株主名簿に記載された、当社株式を100株以上ご所有されている株主様に、ソニーの公式通販サイト「ソニーストア」及びソニーストアの各店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)、地域店(e-ソニーショップVAIO展示店)にて、対象商品を割引価格で購入できる電子クーポンを発行しています。 クーポンの概要は、以下をご覧ください。 2020年株主様特典 ソニーストアクーポン (引用元:ソニーグループポータル | 株式全般) 100株(最低売買単位)以上保有している株主は、テレビ、カメラ、オーディオなどのAV商品は15%オフ、VAIO本体(VAIO株式会社製)は5%オフで購入することができます。 Xperiaスマートフ...
住宅ローン

フラット35と民間住宅ローンの比較

フラット35と民間住宅ローンの違いをまとめました。 取扱金融機関 フラット35 住宅金融支援機構と提携する金融機関 民間住宅ローン 各金融機関 利用できる人(借りられる人) フラット35 申込時の年齢が満70歳未満の方(親子リレー返済を利用する場合は、満70歳以上も可) 日本国籍の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方 民間住宅ローン 年齢や年収、勤続年数や勤務先の規模などによって各金融機関が審査 保証人 フラット35 不要 民間住宅ローン 原則不要だが、必要となる場合あり。 参考ページ 住宅ローンの種類(「フラット35」の特徴と借入要件) ― 新たに住宅ローンを借入れる ― 住宅購入資金 ~ローンの選び方、そのポイントとは?|知るぽると
財務分析

サンコーテクノ(3435)の財務分析

売上高の推移 通期​​ 回次 期間 会計期間 売上高(連結) (千円) 増収率(%) 対前年 過去2期 (年平均) 過去3期 (年平均) 過去4期 (年平均) 第48期 通期 2011(平成23)年4月1日 ~ 2012(平成24)年3月31日 13,851,443 第49期 通期 2012(平成24)年4月1日 ~ 2013(平成25)年3月31日 15,112,776 9% 第50期 通期 2013(平成25)年4月1日 ~ 2014(平成26)年3月31日 17,209,325 14% 11% 第51期 通期 2014(平成26)年4月1日 ~ 2015(平成27)年3月31日 17,835,500 4% 9% 9% 第52期 通期 2015(平成27)年4月1日 ~ 2016(平成28)年3月31日 16,648,136 -7% -2% 3% 5% ...
財務分析

ACCESS(4813)の財務分析

売上高(連結)の推移 通期​​​ 回次 期間 会計期間 売上高(連結) (千円) 増収率(%) 対前年 過去2期 (年平均) 過去3期 (年平均) 過去4期 (年平均) 第28期 通期 2011(平成23)年2月1日 ~ 2012(平成24)年1月31日 13,781,648 第29期 通期 2012(平成24)年2月1日 ~ 2013(平成25)年1月31日 11,712,377 第30期 通期 2013(平成25)年2月1日 ~ 2014(平成26)年1月31日 10,922,526 -7% 第31期 通期 2014(平成26)年2月1日 ~ 2015(平成27)年1月31日 7,520,806 -31% -20% 第32期 通期 2015(平成27)年2月1日 ~ 2016(平成28)年1月31日 6,837,588 -9% -21% -16% ...
タイトルとURLをコピーしました