ヘルスケアREIT(ヘルスケアリート)




ヘルスケアREIT(ヘルスケアリート)とは

ヘルスケアREIT(ヘルスケアリート)とは、有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅などの介護施設に投資するREIT(不動産投資信託)をいいます。

東京証券取引所では、ヘルスケアリートを「主たる投資対象をヘルスケア施設とするリート」と定義しています(参照:Jリートview » ヘルスケアリート特集 | ヘルスケアリート入門)。

高齢化社会に対応するためのヘルスケア施設の拡充という課題に対応するため、ヘルスケアREITを官民一体で促進しています。

上場ヘルスケアリート

2019年5月15日時点で、東京証券取引所に上場しているヘルスケアREITは、次の2本です。

日本ヘルスケア投資法人
資産運用会社:大和リアル・エステート・アセット・マネジメント
主なスポンサー:大和証券グループ本社
ヘルスケア&メディカル投資法人
資産運用会社:ヘルスケアアセットマネジメント
主なスポンサー:シップヘルスケアホールディングス、NECキャピタルソリューション、三井住友銀行

なお、2015年7月29日に上場した「ジャパン・シニアリビング投資法人」もヘルスケアREITの1つでした。「ジャパン・シニアリビング投資法人」は、2018年3月1日に「ケネディクス・レジデンシャル投資法人」と合併し、「ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人」に商号変更しました。

参考ページ

Jリートview » ヘルスケアリート特集 | ヘルスケアリート入門

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク