DCカードの”DC”の由来は?




DCカード(ディーシーカード)は、日本で知名度の高いクレジットカードのブランドの1つです。

DCカードのCMは、俳優の中井貴一さんとたぬきとカッパが登場することでおなじみです。

ところで、DCカードの”DC”の由来をご存知でしょうか。

DCは、「ダイヤモンドクレジット」(Diamond Credit)から来ています。

DCカードの発行が開始したのは、1984年です。発行会社は、三菱銀行(現:三菱UFJ銀行)系のクレジットカード会社「ダイヤモンドクレジット株式会社」でした。

つまり、「ダイヤモンドクレジット」のダイヤモンドとは、三菱財閥(三菱グループ)のマークである「スリーダイヤ」のことなのです。

「ダイヤモンドクレジット株式会社」は、1989年に「株式会社ディーシーカード」に社名変更。その後、2007年に「UFJニコス株式会社」と合併し「三菱UFJニコス株式会社」と社名変更して現在に至ります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク