フラット35と民間住宅ローンの比較




フラット35と民間住宅ローンの違いをまとめました。

取扱金融機関

フラット35 住宅金融支援機構と提携する金融機関
民間住宅ローン 各金融機関

利用できる人(借りられる人)

フラット35
  • 申込時の年齢が満70歳未満の方(親子リレー返済を利用する場合は、満70歳以上も可)
  • 日本国籍の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方
民間住宅ローン
  • 年齢や年収、勤続年数や勤務先の規模などによって各金融機関が審査

保証人

フラット35 不要
民間住宅ローン 原則不要だが、必要となる場合あり。

参考ページ

住宅ローンの種類(「フラット35」の特徴と借入要件) ― 新たに住宅ローンを借入れる ― 住宅購入資金 ~ローンの選び方、そのポイントとは?|知るぽると

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク