所得補償保険




所得補償保険の定義

所得補償保険(しょとくほしょうほけん;英語:Income protection insurance)とは、ケガや病気で働けなくなった(就業不能)の時に、保険会社から保険金が支払われる保険です。

働けないことによる所得(収入)の減少を補うことが目的です。

所得補償保険は、就業不能保険(しゅうぎょうふのうほけん)ともいいます。

収入保障保険との違い

(現在執筆中)

所得補償保険は自営業者にとっては必要性が高い保険

(現在執筆中)

十分な貯蓄がある人は不要

ここまで、自営業者の方にとって、所得補償保険は必要性が高いということについて説明しました。

しかし、十分な貯蓄(貯金)がある人は所得補償保険は不要です。なぜなら、就労不能となったとしても、貯蓄を取り崩して生活していけばいいからです。

では、どのくらい貯蓄があればいいのかというと、70歳までの生活費を賄うことができるかどうかで判断すればいいと思います。

なぜなら、70歳頃には、公的年金(国民年金)の支給を受けることができるからです。

(将来のことで、受給開始年齢が何歳になるのかわからないので、70歳頃を目安にしています。)

所得補償保険は会社員にとっては必要性が低い保険

(現在執筆中)

所得補償保険を提供している保険会社

ここで、所得補償保険を提供している保険会社をいくつかご紹介いたします。

ライフネット生命保険

「就業不能保険(働く人への保険2)」を提供しています。

(現在執筆中)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする