生命保険とは




生命保険の定義

生命保険(せいめいほけん;英語:life insurance / life assurance)とは、人の生存又は死亡に関し、一定額の保険金を支払うことを約し、保険料を収受する保険です(保険業法2条・3条)。

死亡には、人の余命が一定の期間以内であると医師により診断された身体の状態を含みます(保険業法3条)。これは、医師に余命宣告された状態のことをいいます。例えば、生命保険に「リビング・ニーズ特約」を付けていれば、生前に保険金を受け取ることができます。

生命保険は、人の生命には値段が付けられないため、あらかじめ定められた一定の金額が給付(定額給付)されます。この点は、損害保険が実際に生じた損害を填補(実損填補)するのと違う点です。

生命保険会社は、第3分野の保険(傷害、疾病、介護保険など)も取り扱いができます。そのため、生命保険は、人の生存又は死亡に関し、一定額の保険金を支払うことを約し、もしくは障害、疾病、介護保険等で定額給付等を行う保険、と定義することもできます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする